ヤバイ!肉を食べるとハゲる!?薄毛にならない為の予防・対策とは??

この記事は約 5 分で読むことができます。

yakiniku-compressor-1

焼肉やハンバーグ・ステーキ・・・などなど、肉料理は美味しいから、ついつい食べ過ぎちゃいますよね^^

でも、実は肉を食べるとハゲるという噂があるんです!

「肉を食べたくらいでハゲるなんて信じられなんだけど・・・」と、思うかもしれませんが、、、食べ方次第では、抜け毛や薄毛の原因になりますよ^^;

食事と薄毛にはちゃんと関係性がありますし、お肉も例外ではありません!!

今回は、そんな肉と抜け毛・薄毛についてお伝えしていきます。

肉を食べるとハゲる原因になる!?

肉にはタンパク質が多く含まれているので、髪に必要な成分を摂取できるのですが、脂肪やコレステロールも同時に摂取してしまいます。

少量であれば問題ありませんが、焼肉やハンバーグなどの肉料理は、軽く運動している方でも1回の食事で1日の摂取目安量は十分摂取できているんです!

そうとは知らず、バクバク食べているとハゲることになりますよ^^;

必要以上に肉を食べると、頭皮の皮脂分泌が過剰になるので毛穴が詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると髪がだんだん細くなり、抜け毛が増え、薄毛へと悪化していきます。

中性脂肪も多く摂取しているので血液もドロドロになりますし、血行不良だと髪に十分な栄養が送られない状態になります。

毛穴は詰まるわ・・・血行不良になるわ・・・、こうなるとホント最悪ですよ^^;

特に男性の方はランチや飲み会など、焼肉を食べる機会が多いという方もいるんじゃないでしょうか。

ビールなどのお酒が入ると、食欲が止まりませんよね。。

このまま食べ続けるとどうなる?

この食生活を変えずにいると、薄毛どころか体に不調をきたす可能性が高くなります!

だんだん中性脂肪が高くなり、狭心症を発症し、動脈硬化へと進行してしまうので恐ろしい病気になることも・・・。

 狭心症

軽く運動したとき・階段を上ったとき・気持ちが高揚したとき、胸のあたりに圧迫感や痛みを発症します。

痛みは腕や肩、内臓などにも感じますが、はっきりとここが痛いとは言えず、曖昧な感覚があります。

動悸や息切れなどが代表的な症状になりますが、頭痛・耳鳴り・むくみなど、人によって症状に違いがあります。

症状は継続的に続くというわけではなく、長くても1分ほどの痛みで、休めば治まっていきます。

 動脈硬化

狭心症が悪化すると動脈硬化になります。

動脈硬化になると狭心症の症状に加えて、うまくしゃべれない・手足のしびれ・体が冷えるなど症状が起こります。

血管が固くなり、内部にコレステロールがこびりつくため、血管内が狭くなり血流が悪くなります。

血流が悪くなると、抜け毛・薄毛になりやすくなるのはもちろんのこと、

必要な酸素や栄養が体に送られないことで内臓の働きも悪くなり、命に関わるような病気を誘発してしまいます。。

心臓に負担がかかるため、心肥大・心不全になりやすく、血管も固く弾力性がないので、脳梗塞・くも膜下出血を起こす可能性があります。

 脳梗塞

中性脂肪による脳梗塞は、脳内の血流が悪くなったり、血管内の血栓がはがれて動脈が詰まることで発症します。

脳梗塞になると、意識障害や言語障害、手足の麻痺などが代表的な症状となります。

脳梗塞を発病した人のうちの1割が死亡。発病後に仕事復帰できた人の割合は半数以下になり、ほとんどの方が後遺症に悩まされます。

恐ろしいことに、1度発病すると1割の方は再発していて、再発後の後遺症はさらに重く、生涯寝たきりのまま過ごすことになります。

 くも膜下出血

くも膜下出血を発病すると、重い頭痛や嘔吐などの症状が出ます。

頭の痛みは後ろからバットで殴られたような耐え難い激痛だと表現されるほどです。

病院で治療を施しても7割の方が亡くなるという恐ろしい病気で、例え助かったとしても、重い後遺症が残ります。

手遅れになると高確率で死亡するので「急に強い頭痛がする」という疑わしい場合は、早急に病院へ行かれてください!

薄毛や病気にならない為には?

薄毛や上記のような病気にならない為には、普段の食生活に気を付けてください。毎日の食事から体は作られています。

対策されたい方や今の状態を改善したい方は以下を参考にされてください。

 バランス良く食べる

肉だけじゃなく野菜やイモ類・キノコ類・フルーツなど、食事はバランスよく食べるようにしてください。

とくに食物繊維を含む食材は中性脂肪を下げる効果に期待できるのでオススメです^^

食物繊維が多い食材は、体内で膨張するので、満足感が得られやすいので、食べ過ぎを予防することができます。

食物繊維以外にも、新陳代謝を良くする大豆やひじきなども中性脂肪対策に有効です。

 亜鉛を摂取する

亜鉛はタンパク質を髪に生成してくれる重要な成分です。

髪に良いからといって、タンパク質ばかりを摂取しても亜鉛が不足していると意味がありません。。

それに、亜鉛は髪の色素になるメラノ色素を活性化させてくれる働きがあるので、白髪予防にも役立ちます。

亜鉛は牡蠣やレバーに多く含まれていますが、この頃は育毛用の亜鉛サプリなどで摂取される方もいます。

 植物性タンパク質を摂取する

肉を食べるなとは言いませんが、動物性タンパク質よりも大豆や豆腐などの植物性タンパク質の方が健康的です。

コレステロールや中性脂肪を抑えながら、タンパク質を摂取できるので、ダイエットにもぴったりです。

どうしても肉を食べたいという方は、脂身の少ない豚肉や鶏肉がいいですよ。コレステロールを下げてくれる働きがあるので^^

牛肉だったら赤身を選んでくださいね。

 腹八分を心がける

食べ過ぎは内臓に負担をかけてしまうので体調不良や病気の原因になります!

上に挙げた病気以外にも、肌荒れや倦怠感、精神にも悪影響与えることもあり、うつ病のキッカケにもなるので注意されてください。

炭水化物や糖質の食べ過ぎは老化も進みやすくなりますし、何も良いことはありません。。

腹八分を心がけて、健康的な毎日を送られてくださいね。

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
実感力・売れ行きともに№1の育毛剤です。どうしても薄毛が治らない方はコレ!
フサオ ボストン
必ず持っておきたい人気№1の育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
人気、売り上げ№1の女性用育毛剤。抜群の浸透力、実感力を誇ります。女性の薄毛にはコレ!
 
薄毛・抜け毛をどうにかしたいあなた限定です!

 【2017年】実感力のある育毛剤ランキング!【ベスト3】
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^