出産の薄毛の原因と対策とは?徹底調査しました!

この記事は約 13 分で読むことができます。

sango-compressor

妊娠期間中、女性の身体は出産に向けて大きく変化します。

そして出産後には、元の体の状態に戻ろうとするのですが、それがなかなかうまくいかない事もあります。

産後の薄毛問題もその一つで、これまで抜け毛や薄毛などが気になった事は一度もないのに、出産後に急に気になるようになった…なんて人が少なくありません。

これは一体、どういうことなのでしょうか?

産後、薄毛になる原因とは?

女性にとって、妊娠・出産は人生の中でも大きなイベント。

命について考えさせられるだけでなく、自分の身体の変化についてもまざまざと思い知らされるものとなります。

妊娠中は出産に向けて体のシステムが大きく変わる事に驚き、産後は元通りに戻ろうとする体の動きがあるものの、授乳や慣れない育児によるストレスなどから、なかなか思うようにいかない状態に悩みます。

産後1カ月間は体の変化に戸惑うことも多いでしょう。薄毛もその一つで、この段階でよく見られる悩みです。

抜け毛や薄毛を発症するキッカケはいろいろありますが、産後の女性において注目されているのが不安定なホルモンバランスと出産後の生活習慣、そして無理なダイエットです。

(1)めまぐるしく変わるホルモンバランス

妊娠から出産まで、女性の体内では大きなホルモンバランスの不均衡が起こっており、女性ホルモンに分類されるエストロゲンやプロゲステロンが多くなったり少なくなったりすることが、薄毛につながっていくのです。

出産後すぐに薄くなったなと感じるよりも、大体数カ月後…3カ月前後で目立ってくるパターンがほとんどです。

エストロゲンとプロゲステロンは交互に代わりながらバランスをとり働いています。

妊娠後、出産時のトラブルが起きないようにその分泌量は多くなりますが、出産後には元の分泌量に戻ろうとします。

その分泌量の低下がハイスピードでおこなわれるため、体がその変化についていけず、バランスが乱れてさまざまな体調不良が発生。

エストロゲンは髪の毛の成長を促す働きも持っているので、こうした急激な動きが髪の成長を狂わせます。

さらに、髪の成長を維持させる働きがあるプロゲステロンも急激に減る事から抜けやすくなります。

これらの事から、抜け毛や薄毛が増えたように感じられるようになるのです。

(2)産後の生活によるストレス

産後の生活は、赤ちゃん中心の生活。これが思った以上にハードで、一度経験した人でないとなかなかわからないもの。

夜泣きや頻繁な授乳、小さい赤ちゃんを連れての買い物は難しく外出も満足にできなくなります。

慣れない生活に夜中の授乳などからも睡眠不足と、ストレスもかなりのもの。

これが女性ホルモンの分泌を抑えてしまい、自律神経を乱して代謝も悪くします。

女性ホルモンには髪の育成や維持する力があるので、これが十分に分泌されにくくなることで、抜け毛や薄毛などのトラブルが見られるようになるのです。

(3)ダイエットへの焦りと苛立ち

妊娠中、女性の身体には脂肪が付きやすくなり、ふっくらとした体形になります。

悪阻がひどくて食べずにはいられない人や水を飲んだだけでも太る人など、出産までは自然と体に脂肪が付きやすくなり、これは特に悪い事ではありません。

ただ、医師から注意・制限を受けることもあります。

出産後には、おどろくスピードで体重が落ちていきます。1日に2~3キロ落ちたという人もいるほどで、それだけ妊娠期間中に増えた体重は流動性のものといえます。

ただ、やはりなかなか落ちない人…というのも存在し、特におなかまわりなどは皮が伸びてたるんでしまっている人も大多数です。

元の体重やスタイルに戻りたくてダイエットを始めるのですが、産後は体調がまだ整っていない事、赤ちゃん中心の生活でなかなか計画的にできなくなっています。

地道にコツコツやるしかないのですが、焦って無理なダイエットをしてしまう人も…。それがストレスとなって、薄毛や抜け毛を増やしてしまうのです。

産後の薄毛はいつまで続くのか?

髪の基本的なサイクルは、2~6年かけての成長し、2~3週間ほどで抜けて、2~3ヶ月はいったんお休みする…といった感じです。

これを、成長期・退行期・休止期と呼びます。もちろん、髪の毛それぞれがサイクルが違うので、一気に髪の毛すべてが成長したり抜けたりすることはありません。

ただ、産後はホルモンバランスの変化などでサイクルが狂ってしまい、髪の毛の多くが退行期に入り抜けてしまうといった現象が起こります。

そして、休止期を経て生えてくるのですが、その間は通常よりも薄くなってしまった状態に。

成長期になれば、また元通りに生えてきます。

産後の抜け毛や薄毛などは、女性ホルモンが放出される量や毎日の過ごし方などによって異なり、

たくさんの人が産後まもなく抜け毛が増えたように感じられ、半年から1年後には妊娠前と同じように戻るのだそうです。

とはいえ、なかには1年経っても改善されないまま…なんて人もいます。

一般的には自然に回復するのですが、なかなか自然には治らない…という人もすくなからず存在します。

産後の抜け毛や薄毛は、女性ホルモンのバランスが不均衡になってしまうことが大きなキッカケにはなりますが、年齢や精神的な負担も大きく関わっています。

女性ホルモンのバランスが落ち着いたとしても、それ以外の原因が改善されていなければ意味がないのです。最悪、本当のハゲができてしまうことも…。

加齢によってホルモンバランスが乱れやすくなるので、20代のママさんよりも30代、40代といったママさんのほうが産後の薄毛や抜け毛が改善しにくくなります。

年齢が上がるほどひどい薄毛になってしまう可能性が高いので、それだけ早い時期からの予防と改善ケアが必要となります。

出産前から薄毛や抜け毛に対しての予防対策はおこない、出産後はすぐに改善するためのケアをおこなっていきます。

早めのスタートが産後の薄毛や抜け毛を減らし、例え抜け毛が多く感じても早くに回復させることができるのです。

1年後ひどい薄毛や円形脱毛症がみらるようであれば病院に

強いストレスを受けたままの状態では、産後の抜け毛や薄毛が長引くだけでなく悪化してしまうこともあります。

産後1年以上たっているのに、なかなか抜け毛が減らず薄毛がどんどん目立つようになってきた、円形脱毛症が見られた場合は、一度専門の病院を受診したほうがいいかもしれません。

髪の相談というとどこを受診すればいいのか迷うところですが、まずは皮膚科を受診してみましょう。

女性が円形脱毛症になる症状や原因、改善・治し方!

産後は薄毛だけじゃなく、白髪が増えることもある!

産後の髪の悩みは、抜け毛や薄毛問題だけでなく、白髪増えるといった事も。急に白髪増えてきてびっくりした…なんて話は少なくないのです。

白髪というのは、毛髪の色素細胞の能力が低下することで起こります。

つまり、色素がなくなってしまうのが白髪です。髪の毛の根っこになる毛根部分は、毛乳頭という髪が育つために欠かせない材料があり、そこを取り囲むように毛母細胞が包んでいます。

その毛母細胞に挟まれるようにメラニン色素と呼ばれる、髪の色を生みだすメラノサイトがあるのですが、これが少なくなるとメラニン色素も減ってしまいます。

その結果、髪を色づけるものがなくなるので白髪になってしまうのですね。

女性の身体は妊娠・出産期間中にすごく変わったり、髪の生成にかかわる女性ホルモンも多くなったり減ったりと、そのバランスが悪くなってしまいます。

メラノサイトは女性ホルモンから刺激をもらってその活動を活性化させることができるので、女性ホルモンが不均衡になることはメラノサイトも不均衡になってしまうということ。

だから白髪が増えてしまうのです。

さらに、産後は赤ちゃん中心の生活からも、自分の事がおろそかになりがち。

食事の栄養バランスが乱れたり、育児へのストレス、夜中の授乳や夜泣きによる睡眠不足と、これらが白髪を増やすことになってしまうのも仕方がない事。

特にストレスは交感神経を優位にしてしまうので、毛細血管が収縮して、頭皮や毛髪に十分な血液が届かなくなってしまいます。

血液には各部位に必要な栄養素を運ぶ役割がありますので、これでは十分な栄養素を受け取ることができずに弱ってしまいます。

しかも、体の機能として必要な栄養素が不足すると、体の大事な臓器から優先的に栄養を配分していくので、

衰えても命に関わることがない髪は最後にされてしまい、結果的に栄養が度とかなくなってしまうといった事態になってしまうのです。

メラノサイトを正常化して産後の白髪を防ぐ

産後の白髪が増えないようにするには、メラノサイトを活性化させることが必要です。

ただ、一度その機能を失ってしまったメラノサイトを再生することはできません。

ですから、必然的に増やさないように、残っているメラノサイトを守るしかありません。

まず、ホルモンバランスの分泌が正常化することで、毛母細胞を通じてメラノサイトを活性化させ、再び黒い髪の毛を生やすことが期待できます。

ですから、まずはホルモンバランスを正常な状態に戻るように、規則正しい生活と食事、そしてストレスをためないようにする事を心がけます。

赤ちゃんの世話が大変ですから、完全にやろうとはせず、「これくらいでも大丈夫」と気持ちをおおらかに持つようにするといいですね。

また、産後は一人ですべてがんばろうとせず、必要な時はパパや両親に助けを求めるのも大事。睡眠不足もストレスになりますので、できるだけ睡眠時間を取るようにしましょう。

そして、毛根まで栄養が行きわたるように、食事はしっかりと摂るようにします。

特に産後は母体の回復、そして赤ちゃんが必要とする授乳に栄養が取られがちですから、いつも以上にしっかりと栄養を摂る必要があるのです。

産後の薄毛を隠すには?前髪、生え際、頭頂部が薄い・・・

産後の抜け毛や薄毛を回復させるには、時間がかかる根気のいるケア。

とはいえ、人目を避けることはできないので、できる工夫で薄毛をうまくカバーします。

ヘアスタイルの選び方一つで変わるので、この時期は薄毛をカバーできるボブかミディアムぐらいにしてしまうのがおすすめです。

髪が長いと、どうしてもその重さで抜けやすく、そして頭頂部ほど引っ張られてペタリとボリュームがなくなりがち。

ですから、ちょっと長めのボブか、ミディアムぐらいにして、髪にかかる重力を減らしてあげます。

それならショートカットの方がいいのでは…と思われますが、ショートカットはこまめに美容院にいかないと崩れてしまいやすい髪型。

意外と維持が大変で、産後の子育てに忙しく、ましてや自由に外出できないママさんには厳しいのです。

それだったら、ボブやミディアムぐらいにしてしまったほうが、暑い時や動き回るときなどに一つに結ぶことができるので便利。

ボブは短すぎると一つに結べなく、授乳中などに顔に髪がかかって邪魔になることもあるので、結べるぐらいの長さが良いです。

髪型は、ハーフアップがおすすめです。

頭頂部の抜け毛を隠してくれる効果があり、高感度も高い上品なスタイル。また、ポニーテールはNG。前髪や生え際の地肌が見えやすく、髪の少なさが目立ちます。

まとめる時は、「ゆるく、ふんわり」を心がけて。かわいいヘアアクセサリーをつけると、薄毛から視線を逸らせる効果もあります。

そして、冬はニット帽を、夏は麦わら帽子などをかぶって隠すといった方法もありますが、それよりもヘアターバンの方のおすすめ。

ヘアターバンでオールバックにすると、前髪や生え際を隠すことはもちろん、頭頂部に髪を流して隠すことができます。

髪を後ろで一つに束ねて、ちょっとゆるめルーズなお団子をつくってもいいですね。

ウィッグはよく選ばないと逆効果になる

薄毛を手っ取り早く隠す方法として、ウィッグがあります。

今はおしゃれ感覚で使っている人が多いので、抵抗もそこまでないのですが…注意して使わないと逆効果になってしまいます。

なぜなら、ウィッグを付けることで髪や頭皮を傷つけてしまったり、蒸れる事から頭皮環境を悪くしてしまうからです。

とはいえ、すべてのウィッグが悪いとは言いません。

安いものから高いもの、素材も自分の髪を使ったものから人口物、大きさも部分タイプやすっぽりとかぶってしまうカツラのようなものまでさまざま。

自分の状態にあったタイプを選ぶようにしましょう。

また、常につけてしまうと頭皮に良くないので、ちょっと外出するときや人に会うときだけに使うようにすると、頭皮へのダメージも軽減されます。

産後の薄毛対策はコレ!

産後の抜け毛や薄毛は、ある程度仕方がない現象。

しばらくすれば元に戻ることがほとんどですから、あまり深く考えないのが一番。

ただ、そうはいっても抜け毛や薄毛に対しての不安は簡単には消えません。

少しでも薄毛や抜け毛が減るようにしたい、元通りに回復するようにしたい…という人は、下記の事を心がけてみるといいです。

(1)あまり考えない

産後の薄毛や抜け毛というのは、体が元に戻ろうとするリバウンド現象でもあるので、あまり気にしすぎてはいけません。

一時的なものとして気にしない方が、精神的ストレスでホルモンバランスを無駄に乱すこともなく、早い段階で落ち着かせることができます。

考えないようにすることで、抜け毛も自然と解消されていくのです。

(2)昼と夜を逆転させない、規則正しい生活

産後の生活は、これまでの自分中心の生活から赤ちゃん中心の生活にガラリと変わります。

しかも、赤ちゃんの生活は寝て、起きて、泣いて、ミルクを飲んで…といったサイクルが短い時間で繰り返されます。

夜中もおかまいなしなので、睡眠不足になることは必須。

せめて食事は決まった時間にとるようにし、できる範囲で規則正しい生活、昼と夜を逆転させない生活を心がけることで、自律神経のバランスが落ち着いて抜け毛や薄毛が減ってきます。

(3)髪の成長に良い栄養素を摂る

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか自分の食事まで気が回らなくなってしまいます。

完璧にバランスのとれた食事よりも、まずは大豆製品を食べるようにしてください。

大豆が持つイソフラボンは、エストロゲンと同じタイプの働きをもっているので、ホルモンバランスを整える作用が期待できます。

しかも、大豆は加工してもあまりその成分が失われませんし、納豆や豆腐といった手軽に摂取できるのでおすすめです。

また、カルシウムやびたみんB群、ミネラルなども意識的に摂りたいもの。

牛乳、小魚、チーズなどが持つカルシウムは髪にツヤ・コシをもたらし、大豆や肉、卵などが持っているタンパク質は髪をつくる材料として使用されます。

豚肉やレバー、大豆などが持つビタミンB群は、頭皮環境のトラブルを防ぎ、代謝を促して髪が成長しやすいようにします。

ワカメやひじきなどが持つミネラルは、健やかな髪の毛を育てることで有名です。

(4)オーガニックシャンプーや育毛剤で頭皮ケア

産後の抜け毛専用の育毛剤やシャンプーを使うのも、一つの方法。

授乳中は、外部からの影響が気になるもの。

シャンプーなどに含まれる成分も、頭皮から体内に入り、それが母乳に含まれてしまうこともあると考えられているだけに、授乳期間中でも問題なく使えるものがいいですね。

そうした事も考えて作られた産後専用のシャンプーだと安心。

特にオーガニックシャンプーは人気です。育毛剤はかなり強い成分が配合されているものもありますから、必ず授乳中でも使えるのか確認してからします。

産後の薄毛を治したい人は育毛剤を忘れずに!

妊娠から出産、そして授乳中の間、女性の身体は目まぐるしく変わっていきます。

それは安全に赤ちゃんを出産するためのものであり、赤ちゃんを健やかに育てていく為に必要なシステム。

女性ホルモンが急激に増加したり減少することで、髪に対しての抜け毛や薄毛といったトラブルが起こるのもこの為です。

抜け毛が気になるようになるのが、産後数カ月から半年以内。そして回復するのが半年から1年後ぐらい。

しかし、加齢によっても回復状態は変わってくるものとなります。

近年では40歳で出産する人も増えてきており、加齢によってなかなか抜け毛や薄毛の問題が改善されないといった事が増えてきています。

若い人はまだいいかもしれませんが、年齢が上がるほど早めの予防・対策が必要になるもの。

なるべく早い段階で生活習慣や食事面から改善していくのはもちろんですが、育毛剤の力を借りるのも重要なポイントとなります。

育毛剤と言ってもさまざまな種類がありますので、この時期は妊婦さんや授乳中のお母さんも使えるタイプのものを選ぶようにしましょう。

適切な対策と育毛剤でのケアをしっかりとおこなっていれば、そこまで薄毛や抜け毛が気にならないまま回復していくことも。

ひどくなってからでは厄介ですので、なるべく早いうちに始めると楽です。

belta-compressor

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
実感力・売れ行きともに№1の育毛剤です。どうしても薄毛が治らない方はコレ!
フサオ ボストン
必ず持っておきたい人気№1の育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
人気、売り上げ№1の女性用育毛剤。抜群の浸透力、実感力を誇ります。女性の薄毛にはコレ!
 
薄毛・抜け毛をどうにかしたいあなた限定です!

 【2017年】実感力のある育毛剤ランキング!【ベスト3】
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^