低血圧は抜け毛・薄毛の原因になる??

この記事は約 5 分で読むことができます。

teiketuatu-compressor

低血圧は抜け毛・薄毛の原因になりますよ!

血圧が低くなると、体の末端部分にある血流が悪化するため、手足の先が冷たくなるのですが、同じことが頭部にも言えるんです!

頭部も末端に位置するため、血液を送り出す心臓からの距離が遠く、血流が悪化しやすいのです。

そのままにしていると、頭皮の血行不良で髪が育ちにくくなり、抜け毛・薄毛へと進行していきます。。

抜け毛・薄毛を予防、改善するために、まずは低血圧について、きちんと理解しておきましょう。

低血圧の基準、種類とは??

高血圧はWHO(世界保健機関)とISH(国際高血圧学会)が定めた基準値、

収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上という数値があるため判断しやすいのですが、低血圧はこのような基準値がありません。

あくまでも目安となる数値ですが、医療機関等では収縮期血圧100mmHg以下、拡張期血圧60mmHg以下とされています。

また、低血圧は一括りにされがちですが、この3種類に分類することができます。

 本態性低血圧

生まれつき血圧が低いといった、遺伝的要素が影響している低血圧。めまい、倦怠感、疲労感、といった症状が起こります。

何らかの病気により発症するわけではなく、自律神経の乱れが原因となるケースが多いです。

症状に個人差はありますが、生活に支障がないレベルであれば治療をする必要はありません。

 起立性低血圧

急な立ち上がり、長時間立ち続けたときに起こる低血圧です。めまい、ふらつき、失神、といった症状が起こります。

血圧を調整する機能が正常に働かなくなることが原因で、疲労や飲酒、激しいスポーツすると症状が悪化する場合があります。

心臓機能が衰えた高齢者にも発症しやすいと言われています。

 二次性低血圧(症候性低血圧)

病気により引き起こされる低血圧です。

心筋梗塞、不整脈、大動脈狹窄症、肥大型閉塞性心筋症、肺塞栓症、などの病気が原因となる場合が多いです。

また、栄養失調、降圧剤などの血圧を下げる薬の影響、怪我による大量失血、といった病気以外の症状も考えられます。

低血圧による髪への悪影響とは??

最初にも書きましたが、低血圧になると血行不良が起こり、頭皮へ送られるはずの栄養が足りなくなります。

血液中の栄養は毛根を包んでいる毛包を伝わり、毛乳頭を活性化させて髪を伸ばしていくため、低血圧になると髪が成長しづらくなるのです。

何も対策をしなければ、血行不良から頭皮が冷えて硬くなります。

冷えて硬くなった頭皮の状態が続くと、抜け毛が増え、新しく生えてくる髪も成長している途中で抜けていきます。

「低血圧になってから抜け毛が多くなった・・・」という方は、抜けた髪の毛をチェックされてください。

抜け毛の中に細い髪の毛を見つけたら要注意ですよ!

低血圧を改善するには??

抜け毛、薄毛を悪化させないためには、低血圧を改善しなくてはいけません。

以下の方法を参考にされてください。

 本態性低血圧の対策!

日常生活に支障がない場合は治療の必要はありません。

症状が重くなると病院でのメンタルケア、生活習慣の改善が行われますが、症状に変化が見られない場合は薬物治療が行われます。

また、突然、低血圧症になった方は二次性低血圧も疑われるので注意されてください。

 起立性低血圧の対策!

ゆっくりと立ち上がったり、座ったりしてください。これだけでも症状を緩和することができます。

食事は水分は多めに摂取して、アルコールは極力控えるようにすると効果的です。

内臓や血圧に問題がなければ塩分多めの食事をされた方がいいのですが、お年寄りや体調面に不安がある場合は医師に相談されてください。

また、症状が重くなるとホルモン療法が行われますが、お年寄りの方は健康面から受けられない可能性があります。

 二次性低血圧(症候性低血圧)の対策!

まず、低血圧を起こしている原因を解消しなくてはいけません。

何らかの病気や怪我から起きていることが分かっている場合は、そちらを解決するのが先決です。

原因となる病気や怪我の治療ができれば、低血圧の症状も収まっていきます。

日常生活による低血圧対策とは??

上記の方法を実践しつつ、日常生活における低血圧対策をするとより効果的です。

 水分を摂取する

人間が一度に吸収できる水分量は200ml~250mlなので、こまめな水分補給をする方がいいですね。

二時間ごとに摂取できれば、水分補給による血圧上昇を持続できます。

 コーヒー、お茶を飲む

カフェインは交感神経を刺激するため、血圧が上がりやすくなります。

 ストッキングを穿く

適度な締め付けがあるストッキングを穿くと、血流が増え、低血圧の症状を抑えることができます。

男性の場合は長めのソックスなどで対応されるといいでしょう。

 ウォーキング、水中運動

運動をすると、下半身に溜まった血液は筋肉の働きにより心臓に送られるため、血液循環がよくなります。

ただ、下半身の筋肉が弱いと、それだけ血液循環が良くならないので下半身の筋力アップをしなくてはいけません。

おすすめできるのはウォーキングや水中運動です。

ウォーキングなら体に負担をかけずに続けられますし、プールでの水中ウォーキングは下半身の筋力アップにも期待できます。

低血圧の方は心拍数が上がりやすく動悸を起こしやすいので、激しい運動は避けるようにしてください。

まとめ!

抜け毛・薄毛を治すには、まず低血圧を治さなくてはいけません。

低血圧が改善できれば髪、頭皮の状態は良くなりますが、すでに薄毛が進行しているなら早めに育毛剤によるケアを始めた方がいいでしょう。

日常生活による対策をするだけでも低血圧の症状は抑えられるので、悩まれている方はぜひ取り入れてくださいね。

とくに運動による血流改善は育毛にもいい効果をもたらすので、低血圧対策と育毛の両方にアプローチできる有効性があります。

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
売れ行き高調の育毛剤です。薄毛対策にはコレ!
フサオ ボストン
持っておきたい育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
売れ行き好調の女性用育毛剤。女性の薄毛にはコレ!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^