【まとめ】頭皮に痛みが出る原因と対策・治す方法!

この記事は約 7 分で読むことができます。

touhiitai-compressor

髪をさわっていると、頭皮に痛みを感じることはありませんか?

もし、ピリピリ、ヒリヒリ、ズキズキ、といった痛みがあるなら注意が必要です!

そのまま放置していると、取り返しのつかない事態になるかもしれません。

頭皮に痛みが出る原因とは?

 後頭神経痛(頭皮神経痛)!

頭皮にピリピリ、チクチクする痛みを感じる方は、後頭神経痛(頭皮神経痛)かもしれません。

後頭神経痛とは、後頭部の左右や後頭部全体に電気が走るような痛みが定期的に続く症状で、めまいを伴うこともあります。

その原因として考えられるのが

・頭部をぶつけたことで神経が損傷している

・長時間同じ姿勢を続けている

・指に負担をかける作業をしている

・肩こりがひどい

・ストレスが溜まっている

・ビタミン不足している

・低気圧の影響

この頃とくに多いのが、長時間パソコン作業をされる方による後頭神経痛です。

長時間同じ姿勢、目、肩、指への負担も大きいため、発症する方が増えています。

また、下を向いた仕事をする美容師さん、看護師さん、調理師さんも後頭神経痛に悩まされているようです。

 頭皮の乾燥!

頭皮の乾燥が進行すると、フケ、かゆみだけではなく、ピリピリとした痛みを感じることがあります。

頭皮の乾燥は、外部刺激から守るバリア機能が働かなくなるため、ダメージを受けやすい状態なのです。

乾燥を招く原因としては、以下が考えられます。

・洗浄力の強いシャンプーを使用している

・シャンプー後の髪を自然乾燥させている

・1日に何度も洗髪する

・頭皮を紫外線を受けている

一つでも当てはまる方は注意しなくてはいけません。

よく勘違いされるのが、「髪が傷むから、シャンプー後はドライヤーを使わない」という方。

シャンプー後、ドライヤーを使わずに髪を自然乾燥させていると、頭皮に必要な水分まで蒸発させてしまいます。

ある程度、頭皮に水分を残すためには、ドライヤーで素早く髪を乾かす方がいいのです。

それに、ドライヤーは髪に近づけ過ぎず、同じ部分に長時間当てなければ髪は傷みにくいです。

ドライヤーは抜け毛・薄毛の原因になる!?ハゲるから使わない??対策があるなら教えて!!

 頭皮のニキビ!

頭皮にできたニキビが痛みを起こしている可能性があります!

頭皮ニキビは、顔のニキビと同じように、皮脂が毛穴に詰まり、毛穴の中でアクネ菌が増え、炎症を起こして頭皮ニキビへと悪化します。

髪の毛に覆われているため気づきにくく、シャンプーをしているときに、うっかり潰してしまう方もいるようです。

頭皮ニキビができる原因には、

・シャンプーの洗い残し

・ストレスによるホルモンバランスの乱れ

・睡眠不足の影響で、細胞の生まれ変わりが遅い

この3種類が考えられます。

頭皮は顔よりも毛穴の数が多いため、皮脂分泌量も多く、その分ニキビができやすい場所です。

普段、顔が脂っぽい方は、頭皮はさらに皮脂が多い可能性もあります。

毎日のシャンプーで、しっかりと汚れを落とさないといけません。

 ヘアカラー、パーマの薬剤!

ヘアカラーやパーマの薬剤には、アルカリ性で刺激の強いアンモニアなどの成分が含まれているため、

薬剤が頭皮に付着すると、染みるような痛みを感じることがあります。

人によっては、炎症を起こしたり、薬剤を毛穴を詰まらせることで、抜け毛が増やしてしまいます。

とくに、自宅でパーマやカラーリングを行うと、薬剤が頭皮に付着しやすく、思うような仕上がりにならない可能性があります。

 寝癖(ねぐせ)!

寝癖は毛根に負担をかけているため、クシで無理やり癖を取ろうとすると、頭皮に痛みが出る場合があります。

寝ている間に、髪を一方向に押し付けられているのが原因です。

頭皮の痛み対策、改善する方法とは?

 後頭神経痛(頭皮神経痛)を予防、改善する!

まずは、十分な休養を取り、ストレスや疲労を取り除きましょう。

食事は、神経痛治療にいいと言われるビタミンB12を含む食材を摂取されてください。

ビタミンB12は貝類、海藻類に多く含まれ、サプリメントでも摂取することができます。

自分で後頭神経痛の症状を改善するには、痛みの発生源となる場所に温めた濡れタオルを置き、血流を良くすることで痛みを軽減させます。

逆に患部を冷やすと、血管が収縮するので血行不良になる恐れがあるので注意されてください。

病院では湿布、鎮痛剤、ビタミンB12の静脈注射による対処療法。整体やカイロプラクティックではマッサージによる治療が行われます。

就寝時、枕が合わずに後頭部に痛みを感じる方は、症状が回復するまで柔らかい枕を使用されてください。

 頭皮の乾燥予防!

乾燥を防ぐには、アミノ酸系シャンプーを選び、洗髪は1日1回までが理想です。

アミノ酸系シャンプーは、保湿力があり、洗浄力もほどよく抑えられているので、皮脂を取り過ぎにくいです。

また、洗髪し過ぎないことは乾燥予防につながります。

皮脂を取り過ぎないことは乾燥から頭皮を守るだけではなく、バリア機能を維持することができるので、紫外線やホコリなどの外部刺激から頭皮を守ります。

もし、すでに乾燥がひどく、かゆみや痛みが出る方は、シャンプー後に保湿成分のある育毛剤を使用し、外出時は帽子を被るなどの対策をされてください。

 頭皮のニキビ対策!

すすぎ残しのない丁寧なシャンプーを心がけてください。

清潔な頭皮環境にすることが、頭皮ニキビの予防、改善への第一歩です。

ストレスや睡眠不足から頭皮ニキビができる場合もあるので、それぞれ対策をしなければいけません。

ストレス解消するには、趣味やスポーツ、カラオケなどが一般的にいいとされていますが、

この頃の研究結果では、読書に高いストレス解消効果があることが分かりました。

読書が苦にならないという方は、取り入れてはいかがでしょうか?

続いて、睡眠不足の対策についてですが、まずは十分な睡眠時間を確保しなければいけません。

理想的な睡眠時間は個人差はありますが、7時間~8時間ほどが基本となります。

どうしても眠れないという方は、睡眠前の環境づくりから始めましょう。

就寝前30分前にぬるま湯に入り、温かいミルクやココアなどを飲んでリラックスすると寝つきが良くなります。

ただし、就寝前にスマートフォンやパソコン、タブレットなどのディスプレイを観ると交感神経が活発になるので、眠りにくくなります。

厚生労働省からも、「スマホいじり」による睡眠不足が指摘されているので、注意されてください。

 ヘアカラー、パーマのダメージ予防!

ヘアカラーやパーマの薬剤による痛みは、体調によっても変わってきます。

普段、カラーリング等で痛みを感じない方でも、生理や風邪にかかっていると痛みが出やすくなるので、不調を感じる日は避けてください。

また、スポーツをした直後や洗髪後は、頭皮の毛穴が開いているため、薬剤が染みて痛みを感じやすくなります。

ヘアカラーやパーマをかけたい方は、体調がいい日を選んで、事前にスポーツや洗髪をしないように気をつけてください。

施術後は、髪がアルカリ性寄りになるため、弱酸性のシャンプーを使用しましょう。

ヘアカラーリングは薄毛・抜け毛の原因になる!副作用・デメリットはこれ!

 寝癖(ねぐせ)対策!

まず、寝癖がつきにくくするために、必ず髪を乾かしてから就寝しましょう。

髪が濡れた状態だと、クセがつきやすいからです。

どうしても寝癖がついて頭皮に痛みが出る方は、霧吹きなどで髪の根元を濡らすと、痛みを抑えて髪を整えることができます。

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
実感力・売れ行きともに№1の育毛剤です。どうしても薄毛が治らない方はコレ!
フサオ ボストン
必ず持っておきたい人気№1の育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
人気、売り上げ№1の女性用育毛剤。抜群の浸透力、実感力を誇ります。女性の薄毛にはコレ!
 
薄毛・抜け毛をどうにかしたいあなた限定です!

 【2017年】実感力のある育毛剤ランキング!【ベスト3】
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^
【まとめ】頭皮に痛みが出る原因と対策・治す方法! はコメントを受け付けていません。 頭皮について