頭皮が赤い原因とは?改善・治す方法はあるの!?

この記事は約 7 分で読むことができます。

tohi-compressor

頭皮が赤くなっているのは正常ではありません!

赤いと血行が良さそうに見えますが、頭皮の場合は違います。健康な頭皮の色は青白いのです。

頭皮の異常事態は気づきにくいため、深刻化するケースが多く、手遅れになりかねません。

今回は、なぜ頭皮が赤くなるのか、その原因と治す方法をお伝えします。

頭皮が赤くなる原因!

 紅斑(こうはん)!

紅斑とは、頭皮のすぐ下にある毛細血管が太くなるため、赤く透けて見える状態のことです。

アレルギー、日焼け、感染症などから引き起こされ、症状が長引くとかゆみや痛みを伴います。

ただ、ほとんどの場合一時的なことが多く、症状も自然と治まっていきます。

 頭皮に合わないシャンプーを使っている!

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていませんか?

肌に合わないシャンプーを使用すると、刺激により頭皮が炎症を起こし、赤くなることがあります。

とくに、薬局やドラッグストアで販売されている「高級アルコール系」と呼ばれるシャンプーには、

合成界面活性剤が配合されているため、髪や頭皮に負担をかけやすいです。

もともと頭皮が乾燥気味の方は、症状が深刻化しやすく、フケやかゆみが増える原因になります。

 髪の洗い方に問題がある!

そもそも洗髪方法が間違っている可能性があります。

以下に心当たりはありませんか?

・熱すぎる温度で洗っている

・シャンプーを直接髪へ塗布している

・爪を立てている

・すすぎに手を抜いている

・ドライヤーを使わない

これらは頭皮が赤くなるだけではなく、乾燥や抜け毛が増えるキッカケになります。

間違った洗髪方法は、髪や頭皮に負担をかけ続けている状態なので、早めに修正しなくてはいけません!

すでに髪の状態に違和感のある方は注意されてくださいね。

 パーマやカラーリングのダメージ!

どんなにいいパーマ液やカラーリング剤を使用しても、髪や頭皮にダメージが蓄積していきます。

薬剤に含まれるアルカリ性の成分の影響から、髪は傷つき、頭皮は赤く炎症を起こす場合があります。

パーマ・カラーリングをしていると、頭皮に薬剤が付着することがあるのですが、これが問題なんです!

薬剤が付着した部分は、毛根に直接ダメージを与えてしまうからです。

1回、2回程度なら、すぐに抜け毛が増えるわけではないのですが、何度もパーマ・カラーリングを繰り返していると、

新しく生えてくる髪が細かったり、二度と生えてこなくなる可能性があります。

 頭皮湿疹!

頭皮の皮脂分泌量が多くなると、脂漏性皮膚炎と呼ばれる頭皮湿疹を起こします。

脂漏性皮膚炎は、頭皮以外にも、額、鼻に発症しやすく、かゆみや赤い炎症を発症してしまいます。

脂漏性皮膚炎が発症する大きな原因としては、マセラチア菌の異常繁殖が考えられます。

マセラチア菌は、常在菌と呼ばれ、外部刺激から頭皮を守ってくれる味方になる菌なのですが、

皮脂を栄養源にしているため、皮脂が増えすぎると、マセラチア菌も増えてしまいます。

増えすぎたマセラチア菌は炎症を起こすため、頭皮が赤くなるのです。

 紫外線の影響!

紫外線は肌の奥まで届き、細胞を破壊して皮膚を老化させてしまいます。

その影響を受けるのは顔だけではなく、頭皮にも大きな負担をかけてしまいます。

しかも頭皮の紫外線を浴びる量は、顔の2倍以上もの量!

頭皮が紫外線を浴びると、赤くなったり、ヒリヒリとした痛みが出ると同時に細胞が破壊されています。

髪をつくる毛母細胞が正常に働かなくなると、抜け毛が増えるだけではなく、髪自体が生えてこなくなる可能性もあります。

地肌を露出している分け目などは、直接光を浴びているので、頭皮の老化が進行しやすいです。

 疲労やストレス、生活習慣!

疲労、ストレス、冷え、生活習慣の乱れは髪や頭皮に悪影響を与えます。

新陳代謝の悪化、ホルモンバランスの乱れが起こり、体内の老廃物を排出できなくなります。

そのため、頭皮に赤い炎症が起こり、悪化すると頭皮湿疹を発症します。

赤い頭皮を改善・治す方法とは?

 紅斑(こうはん)対策をする!

紅斑が自然に治らない場合は、まずは頭皮を清潔にすることを心がけてください。

頭皮が不潔な状態になると、紅斑や頭皮湿疹の原因になるので、シャンプーでしっかりと洗髪されてください。

すすぎ残しのないように、シャンプー後は丁寧に洗い流しましょう。

そして、もう一つは外部刺激から頭皮を守ることです。

外出時、頭皮はホコリや紫外線のダメージを受けてしまいます。頭皮に大きな負担をかける可能性があるので、帽子をかぶり頭皮を守りましょう。

ただし、締め付けのきつい帽子や通気性の悪い帽子は避けてくださいね。血行不良や蒸れによる抜け毛の原因になりかねません。

 アミノ酸系シャンプー、無添加シャンプーを使う!

シャンプーを選ぶなら、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーや無添加シャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは、一般的なシャンプーよりも洗浄力は劣りますが、皮脂を落とし過ぎないため、頭皮が乾燥しにくいです。

刺激の強い成分が配合されていないことから、肌の弱い方も安心して使えますし、髪を補修する機能もあります。

無添加シャンプーは、界面活性剤やシリコン等を使用していない上、天然成分を多く配合しています。

そのため、髪や頭皮に負担をかけにくいのです。

 正しい洗髪方法を身につける!

洗髪方法の間違いは、頭皮環境を悪化させ、抜け毛・薄毛の原因になります。

予防・改善するためには、正しい洗髪方法を身につける必要があります。

効果的な洗髪方法については、以下のリンク先にまとめましたので、よろしければ参考にされてください。

薄毛、抜け毛を改善したい男性・女性必見!正しいシャンプーの方法【永久保存版】

 パーマ、カラーリング対策をする!

パーマ、カラーリングは、自分でするよりも美容室でプロに任せた方がいいですよ。

セルフで頭皮に薬剤がつかないようにするのは、かなり難しいからです。

それと、パーマ、カラーリング後の頭皮は敏感になっているので、頭皮に刺激を与えるのは避けてくださいね。

爪を立てた洗髪、頭皮に当たるブラッシングなど、数日間は気をつけないといけません。

シャンプーをする際は、上記でおすすめしているアミノ酸系シャンプーか無添加シャンプーを選びましょう。

頭皮がダメージを受けているので、シャンプー後は、育毛剤とマッサージによるケアが効果的です。

パーマをかけると薄毛・抜け毛になる!?ハゲないために育毛剤は必要なのか??

 ストレス解消、生活習慣を改善する!

ストレスを溜めないように、趣味や好きなことに熱中できる時間を作りましょう。

趣味も好きなこともないという方は、読書をしてはいかがでしょうか?

たった6分間の読書でも、音楽鑑賞や散歩よりストレス解消を実感できることが最近の研究でわかりました。

読書には、コミュニケーション力のアップ、思考力や感性を伸ばす働きにも期待できます。

もう一つ、ストレス解消と同じくらい大切なのは、規則正しい生活習慣を送ることです。

早寝早起きを実践することで、疲労回復のスピードに違いがあります。

とくに午後10時~午前2時までの4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、若返りに欠かせない成長ホルモンが分泌される時間帯です。

成長ホルモンの恩恵を受けると、疲労回復、肌の生まれ変わり、髪の成長が促進されます。

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
実感力・売れ行きともに№1の育毛剤です。どうしても薄毛が治らない方はコレ!
フサオ ボストン
必ず持っておきたい人気№1の育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
人気、売り上げ№1の女性用育毛剤。抜群の浸透力、実感力を誇ります。女性の薄毛にはコレ!
 
薄毛・抜け毛をどうにかしたいあなた限定です!

 【2017年】実感力のある育毛剤ランキング!【ベスト3】

●絶対にクリックしないでください!読みたくなるので……

この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^
頭皮が赤い原因とは?改善・治す方法はあるの!? はコメントを受け付けていません。 頭皮について