トマトは育毛効果ある!?薄毛・抜け毛対策できるのか??

この記事は約 5 分で読むことができます。

tomato-compressor

トマトは薄毛・抜け毛対策に期待できます!

一般的には、ダイエットや肌に良いというイメージですが、実は育毛にも役立つ野菜なんです^^

トマトには、薄毛・抜け毛に良い「リコピン」が含まれているからです。

リコピンにはどんな効果、効能があるの??

 抗酸化作用が薄毛・抜け毛に良い!

リコピンの持つ抗酸化作用が、酸化による髪や頭皮の老化を防いでくれます。

また、頭皮に直接当たると、フケ・かゆみ、抜け毛の原因となる、紫外線のダメージを軽減してくれる作用があります。

血行促進させる効果にも期待できるので、髪や頭皮に栄養が運ばれやすくなり、育毛しやすい環境が整います。

ちなみに、リコピンは生で摂取するよりも炒める方が吸収率が高いです。

 β-カロチンが頭皮の正常化を助ける!

β-カロチンは体内でビタミンAに変わります。

ビタミンAは、頭皮をつまらせる皮脂汚れの排除を手助けする働きがあります。正常な頭皮環境を保つために役立つ成分です。

ビタミンAが少なくなると、頭皮が乾燥して皮脂の過剰分泌を起こすので、ある程度は摂取した方が良いですね。

ただし、ビタミンAを過剰摂取すると、吐き気や肝機能障害を起こす可能性があるので注意されてください。

トマトは生じゃなきゃダメ!?

薄毛・抜け毛対策に良いから、さっそくトマトを食べてみようと思ったあなた!

生のまま食べようとしてませんか?

生のトマトはフレッシュで美味しいのですが、火を通して調理されているトマトの方が、身体には良いんです!!

トマトに含まれているリコピン・β-カロチンは、非常に優秀な栄養素なのですが、生のまま食べても身体に吸収されづらいという欠点があります。

食べてはいるけど、栄養が吸収されにくいとなると、食べる気が起きなくなりますよね。。効率が悪いし^^;

でも、油で調理をすると、リコピン・β-カロチンの吸収率が飛躍的に上がるんです!

ちなみに、生のトマトと加工されたトマトでは、リコピンの吸収率は2~3倍違うことが明らかになっているので、加工品を利用するのもオススメできますね^^

トマトの効果は薄毛・抜け毛だけじゃない!

 脂肪燃焼効果がある!

数年前に発見されたのですが、トマトに含まれる「13-oxo-ODA」という物質には、体内で脂肪を燃焼させるタンパク質をサポートする働きがあります。

最近の研究結果によれば、中性脂肪、脂肪肝、脂質代謝異常を改善する効果があるとの発表がありました。

ただし、効果を実感するには、

  • 食事ごとにトマトを2個食べる
  • 食事ごとにトマトジュースを200ml飲む

このどちらかを実践しなくてはいけません。

毎回トマト2個を食べるよりは、ジュースにして200ml飲む方が何だか楽そうな気がするので、僕だったらトマトジュースにしますね^^

ちなみに、この情報が発表された当初は、全国でトマトが売り切れるお店が続出したそうですw

 酔い覚まし効果がある!

お酒とトマトジュースを一緒に飲むと、血液中のアルコール濃度が30%低くなり、アルコールが分解されるスピードも1時間ほど短縮されることが確認されています。

 紫外線から肌を守る!

リコピンによる抗酸化作用は、メラニン色素の生成を抑えてくれるので、シミ、シワの原因となる紫外線を予防します。

 日焼け予防ができる!

イギリスの研究機関によると、リコピンには紫外線のダメージから肌を守る効果があるとの発表がありました。

トマトを毎日摂取することは、日焼け止めに近い保護効果に期待できます。

 疲労を軽減する!

ケチャップで有名なカゴメの研究によれば、運動中にトマトジュースを飲むと、血液中の疲労物質が少なくなることがマウスによる実験で分かりました。

 脳卒中のリスクが減る!

フィンランド大学の研究結果によると、トマトを豊富に食べている男性は、脳卒中が起こる可能性が低いとの発表がありました。

トマトの副作用(デメリット)とは?

トマトの良い面ばかりをご紹介してきましたが、実はデメリットもあるんです^^;

それは、、、トマトアレルギーです!

 トマトアレルギー症状とは?

トマトを食べたときに、以下のアレルギー症状が起こります。

  • 唇、喉の腫れ、かゆみ
  • 湿疹
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 蕁麻疹(じんましん)

重篤な症状が出ると、喘息、呼吸困難、まれにアナフィラキシーショック症状を起こします。

 トマトアレルギー症状が起きる原因!

トマトアレルギーが起こる原因には、

  • 口腔アレルギー症候群
  • 仮性アレルゲン

このどちらかの可能性があります。

トマトなどのウリ科の植物には、花粉症を引き起こす原因物質と似たものが含まれているため、口腔アレルギー症候群を発症する可能性があります。

このような特徴があることから、もともと花粉症になりやすい方は、口腔アレルギー症候群にもなりやすいと言えます。

仮性アレルゲンについては、化学成分が付着しているトマトを摂取した場合、その化学成分がアレルギー症状を起こしてしまいます。

まとめ!

トマトは薄毛・抜け毛対策だけじゃなく、美容やダイエット、健康維持にも有効な野菜ですが、アレルギー症状などの副作用を起こす可能性があります。

いくら育毛にいいとはいえ、花粉症などを起こしやすい方は、過剰摂取は避けてくださいね。

身体に負担をかけるくらいなら、他の育毛方法を試された方がいいですよ^^;

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
実感力・売れ行きともに№1の育毛剤です。どうしても薄毛が治らない方はコレ!
フサオ ボストン
必ず持っておきたい人気№1の育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
人気、売り上げ№1の女性用育毛剤。抜群の浸透力、実感力を誇ります。女性の薄毛にはコレ!
 
薄毛・抜け毛をどうにかしたいあなた限定です!

 【2017年】実感力のある育毛剤ランキング!【ベスト3】
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^