みかんは抜け毛・薄毛対策になる!?育毛効果はあるのか??

この記事は約 3 分で読むことができます。

mikan-compressor

みかんは抜け毛・薄毛対策になるという話があります!

実際、みかんを利用した育毛剤もありますし、効果に期待できるかもしれません。

雑誌やメディアで取り上げられることが少ないので、知名度はイマイチですが、栄養豊富な果物なので食べること自体が髪や頭皮に良いです。

みかんの皮に抜け毛・薄毛予防効果がある!

男性型脱毛症は、ジヒドロステロンという男性ホルモンによる影響から発症します。

ジヒドロステロンは、体内で5α-リダクターゼとテストステロンが結びついて発生するのですが、

みかんに含まれるD-リモネンには5α-リダクターゼを抑制する効果があります。

5α-リダクターゼが抑えられると、ジヒドロステロンが発生しにくくなるので、抜け毛・薄毛を予防することができます。

さらに、みかんの皮には血行促進の効果もあることから、男性型脱毛症対策と育毛の両方が可能です!

みかんの皮を食べよう!

みかんは身だけではなく、皮にも大切な栄養が含まれています。

D-リモネンは皮にも多く含まれているので、捨てずに食べた方が効果に期待できます。

とはいえ、皮ごとみかんを食べるのは、慣れるまで正直キツイです・・・。

そこで!

漢方として使用される陳皮(ちんぴ)を作ることをオススメします!

生よりも食べやすいし、保存もできるので便利ですよ^^

●陳皮の作り方

1、まず、みかんを洗います。光沢を出すためにワックス、害虫を防ぐために農薬が散布されているので除去しないといけません。

へその部分を取り除き、全体を軽く洗った後、水に数時間漬けておくとキレイにできます。

2、食べやすいように皮を細切りにします。

3、完全に乾燥するまで干します。乾燥後は、干し初めの3分の1程度の大きさになります。

4、保存用に作る場合はさらに乾燥させます。ちなみに、漢方として使われる陳皮は1ヶ月以上乾燥させています。

5、お茶や薬味として利用する方は、ミキサーを使い粉末状にします。

6、保存は湿気を防ぐために密封性の高い容器に入れるようにしてください。

陳皮以外にも、皮ごと食べられる「焼きみかん」もあります^^

●焼きミカンの作り方

1、みかんに付いたワックス・農薬を洗い落とします。

2、網に乗せて焼きます。焼きむらが起きないように裏返すなどされてください。

3、身と皮の両方食べることができます。焦げた部分は捨ててください。

みかんに含まれるビタミンPとは?

みかんを剥くと、中身は白い繊維が付着していますよね。

この白い繊維(みかんの筋)は「アルベド」と言われ、栄養が豊富に含まれているんです!

とくにビタミンPは、中身の300倍もの成分量になります!

ビタミンPの効果には、

 コレステロールの改善

血液中の中性脂肪を分解する働きがあります。中性脂肪を減らすと血液がサラサラになり、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクを下げます。

 ビタミンCを守る

壊れやすいビタミンCを守る働きがあり、安定感をもたらします。

 毛細血管を丈夫にする

毛細血管に一定の透明性を保つ働きがあります。透明性はありすぎても、足りなくても良くありません。

 アレルギー抑える

花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を抑制する効果に期待できます。

などなど、捨てるにはもったいないほどの効果がありますが、この中で育毛対策として注目したいのは「ビタミンCを守る効果」です。

ビタミンCには髪を生成するコラーゲンを促す作用があるので、育毛には欠かせない成分の一つです。

その反面、ビタミンCは繊細ですぐに壊れやすいというデメリットがあります。

ビタミンPには、その壊れやすいビタミンCを守る効果があるので、薄毛対策に有効な成分だと言えます。

【重要】薄毛を治したくない人は見ないでください!

チャップアップ
売れ行き高調の育毛剤です。薄毛対策にはコレ!
フサオ ボストン
持っておきたい育毛サプリ。早くも15万本突破しています!
ベルタ育毛剤
売れ行き好調の女性用育毛剤。女性の薄毛にはコレ!
この記事があなたのお役に立てたなら、ソーシャルボタンで共有していただけると記事作成の励みになります^^